眼精疲労は対策して労ろう|目の疲れがまねく症状

女の人

早期の発見が大切

サプリメント

糖尿病には4つのタイプがあり、その中で国内の発症者の9割以上を占めるのが2型糖尿病です。このタイプは多因子遺伝よる家族性の特徴はあるものの、発症の主要因は生活習慣の乱れです。2型糖尿病は年に1度は健康診断で血液検査を行い、発症前の病気準備期間に入っているかどうかを確認することで予防が可能です。

詳細へ

健康食品でも人気の存在

栄養補助食品

生活習慣病は現在の日本で大きな健康上の注意しなければならないことです。DHAは生活習慣病の予防に効果が大きいため注目されている成分です。魚を食べることが少なくなり、DHAを食事だけで摂取することが難しくなりました。サプリメントを使うことによって手軽に摂取でき、魚が苦手な人も飲むことができます。

詳細へ

目を労わってあげましょう

目元を触る女性

生活習慣を見直そう

最近はパソコンやゲームやタブレット、スマホなど様々な物で目を酷使することが増えましたよね。ひと昔前までは携帯電話すら無かった時代ですので今ほど眼精疲労に悩まされる人もいませんでした。ここまで眼精疲労の患者が増えたのですから、各個人で対策を立てる必要があるでしょう。まずは出来る限り上記のような目を酷使するものは使わないこと。しかし仕事などで使用せざるを得ないことも多いことでしょうから、使用中にはマメに肩や首を回す体操を取り入れるなどして血の循環をよくする必要があります。また寝不足などでも眼精疲労が溜まり易いので、寝る前にはスマホいじりはしないようにしなければいけません。日常生活のちょっとしたことで眼精疲労は案外防げるものなのです。

食生活にも気を付けよう

目がよくなる食べ物として昔からよく言われてるのがブルーベリーですよね。確かに目をよくする成分は含まれているようですが、ブルーベリーに関しては暗闇で目がよく見えるようになる効果が高いのだそうです。ですのでパソコン等による眼精疲労には効果は見られないかも知れません。IT系眼精疲労の対策としての食べ物はビタミンB群がよく効きます。眼精疲労に即効性のあるドリンク剤にもよくビタミンB含有とうたわれているものがありますよね。ビタミンBは野菜や豚肉や鰻などに多く含まれているので即効性はありませんが日々の食生活で摂取しておけば対策としては充分です。その他の対策としてキツイ帽子やヘアバンド、カチューシャをしない事や、血の循環が悪くなるタバコを吸わないことなどが挙げられます。

シイタケの母体の健康効果

ドラッグ

シイタケ菌糸体はシイタケを成長させる役割がある存在で、シイタケ本体ではなく土や木の中に根のようなかたちであります。シイタケ菌糸体の摂取はシイタケからではなく、製薬会社が販売している商品がオススメです。

詳細へ